本文へ移動
0
4
0
2
9
1

特許技術 温泉揚上システム 特許取得まで

辛い経験から開発をして特許取得

■ 温泉をくみ上げるために 

試作品テストの段階のシステム
アメリカ同時多発テロの前日でした。
群馬県の温泉地に台風が襲い 大雨が 土砂が源泉を埋め
壊滅状態に、その大雨の中一人の旅館の社長が温泉ポンプを点検に
そのまま大水に流され行方不明に
 
その時から開発は始まったのかもしれません。
 
滝沢電気の温泉ポンプが入っている
他の旅館やホテルは全部復旧できましたが
最後まで復旧できなかったポンプそれは、
社長が行方不明になったあの旅館
それでも温泉を送り復旧させなければ
 
水では何の問題もないが、温泉はまったく違う考え方じゃないと70~90度もある温泉を地上ポンプでサクション側の吸い込み高さがありポンプの設置高さは下げられない。
フート弁など使えない。
 
作業場に実際に使う温泉ポンプをセットして、あれこれ試行錯誤し
なんとか形に 現地に設置して実用運転しなんとか成功しました。
 
これが原型となり現在運転中のものが特許となりました。
 
現在運転中のポンプも一度温泉が止まると、ポンプを一度止めてスイッチを入れ直しても「絶対」に上がらない
 
それも 大雪 吹雪 台風 天候が荒れているときに限って
ポンプの担当者が苦しんで、何度もやってもどうしても温泉が上がらないからと
電話が鳴り何度呼ばれ出向いたかことか 真夜中に
 
あの台風で行方不明になってしまった社長のために開発したシステムが
温泉ポンプの大きさには違いかありますが 基本構造は同じで誰でも簡単便利に使えます。
 
一社一技術の県の担当者は現地を見て こんな一言を
「ポンプが温泉をくみ上げスイッチを入れれば運転できるのは当たり前じゃないんですか」
 だってさ さすがお役所勤めの公務員さまだ
 
当たり前だったら 特許にならないでしょう
 
温度90度 ph2 標高1800m 吸いこみ高さ500mm  フート弁は付けても数日ので使えなくなる
役に立たないので付けない、日本一の硫黄濃度であり 周囲は硫化水素ガス
どこに こんな条件下でポンプ運転を復旧させるシステムかあるでしょうか
 
温泉の権利を個人で所有している旅館 ホテル様のご苦労は頭が上がらないですね
 
当たり前 のように温泉に入っている皆様 
苦労されている管理者がいることを忘れないでください
感謝をこめて温泉入浴をお楽しみください。
 
 
 

有限会社滝沢電気工事
〒377-1526
群馬県吾妻郡嬬恋村三原631-1

e-mall
office@taki-den.co.jp
最初のoはアルファベットの小文字のオーです。

TEL.0279-97-2081
FAX.0279-97-3620

・電気工事
・電気設備整備修理
・非常用発電機整備と修理
・蓄電池設備の設置と整備
・電気機器機械の修理
・ポンプの販売修理
・シャフトアライメント
     (芯だし 調整)
・部品制作
・溶射設備で肉盛り再生
 耐摩耗処理

TOPへ戻る