本文へ移動
0
4
4
4
6
4

プライミングポンプのモーター交換用キット

モーターだけを交換 ポンプは既存品を使用

モーターが回らないプライミングポンプ
before
モーターを交換しポンプを組み付けた状態
after

キット内容

キット内容

キット内容
キットのセット内容です。
①モーター1台 シャフト加工とノイズ対策済ヒューズ付き
②モーター取り付けベース組付け済(弊社でマシニング加工)
③モーターとポンプのカップリングモーター側取り付け済
 ポンプ側は取り付けてください
④モーターとポンプ間のスペーサー(パイプ形状)
 3個
⑤ポンプ取り付けポルト
 3本
⑥モーターベースを発電機側に取り付けるボルト
 M8-L25  2本
 Sワッシャー 2個
 平ワッシャー 2個
⑦予備ブラシ
 1台分 (2個)
⑧予備カップリングスペーサー 写真水色の部品
 1個
⑨2mm六角レンチ
 1個

交換する場合の注意

油切始動はエンジンの寿命を確実に縮めます。約5秒でフル回転

重要注意事項
オイルシステム 潤滑油プライミングポンプのモーターキットの注文前の注意事項
 
非常用発電機を整備した時にプライミングポンプが動作しないまま放置されている
発電機を何台も見てきました。 これはなんとかしなければ 作りました
発電機の本来の機能を使うためにモーターを交換できるように自社用に制作しました。
これをキットにしてみました。
 
このキットに関して発電機メーカーには補償や故障などのすべての責任はありません。
すべてにおいて自己責任でお願いします。
弊社においてもいかなる責任も負いかねます。
 
同意いただけない場合は発電機メーカーの純正部品を使用してください。
ご注文で同意できたと判断します。
交換は 自家用発電設備専門技術者が整備する条件でお願いします。
 
交換する前にチェックする事 重要です。必ず確認ください
 
 プライミングポンプのプラス側の電線のギボシを抜き
 (テスタの赤をギボシにボディーアースは黒)
直流24Vが出ていることを確認します。
 
方法 キースイッチをプライミングポンプ側にひねる 又は
操作盤でソフトキーで通常の試験運転でセルが回る前に電圧を確認します
電圧が出ている場合はキットで対応できます。
電圧が出ない場合はリレー基盤に半田付けされている
リレーが壊れている可能性があります。
 
電圧が出ない場合の対応方法
リレーを交換すれば直りますが古い発電機 (Kタイプなど)リレーが廃番になっている場合
があるので注意が必要です。
廃番リレーの在庫は少ないですが在庫がある限り基盤を送ってもらえれば直します。
事前に基盤型番をお知らせください
 

有限会社滝沢電気工事
〒377-1526
群馬県吾妻郡嬬恋村三原631-1

e-mall
office@taki-den.co.jp
最初のoはアルファベットの小文字のオーです。

TEL.0279-97-2081
FAX.0279-97-3620

・電気工事
・電気設備整備修理
・非常用発電機整備と修理
・蓄電池設備の設置と整備
・電気機器機械の修理
・ポンプの販売修理
・シャフトアライメント
     (芯だし 調整)
・部品制作
・溶射設備で肉盛り再生
 耐摩耗処理

TOPへ戻る