本文へ移動
0
4
7
6
1
4

シャフトアライメント 芯だし作業

レーザーを使うことで 高い精度で芯だしが可能になりました。

ポンプの修理やモーターベアリング交換などの整備後には必ず
芯だしを行わなければなりません。
 
今まではダイヤルゲージを使って調整をしていましたが、
これからはレーザーを使ったアライメント調整で
高精度に調整する事で高価な機械設備の長寿命化が可能に 
ポンプのシャフトやベルトやチェーンの正確なアライメントができるようになりました。
正常に稼働している設備でも定期的に調整することをお勧めします。
 

有限会社滝沢電気工事
〒377-1526
群馬県吾妻郡嬬恋村三原631-1

e-mall
office@taki-den.co.jp

TEL.0279-97-2081
FAX.0279-97-3620

・電気工事
・電気設備整備修理
・非常用発電機整備と修理
・蓄電池設備の設置と整備
・電気機器機械の修理
・ポンプの販売修理
・シャフトアライメント
     (芯だし 調整)
・部品制作
・溶射設備で肉盛り再生
 耐摩耗処理

TOPへ戻る