本文へ移動
0
4
5
1
4
4

消防設備の整備

 
大切なお知らせです。
 
これまで大変お世話になってきました、お客様、お得意様に、大変ご迷惑をお掛けします。
滝沢電気では、消防設備の点検業務、防火対象物点検業務
サービスを終了させていただきました。
 
整備、修理に関しましては引き続き継続させていただきます。
 
資格に関しては今までと変わりませんのでお問い合わせなどは受け付けています。
 
 

■ 消防設備の設置工事と点検

誘導灯
    誘導灯
消防設備の整備と修理
 消防設備の設置工事は消防設備士でなければできません。
 消防設備の種類によって資格の種類も違いますのでご注意
 下さい。
 無資格業者では全くてが出せない分野です。 
 
 
屋内消火栓ホース耐圧試験
屋内消火栓のホース耐圧試験
滝沢電気は次のような資格があります。
 ・甲種1類 (消火栓、スプリンクラー・・・
 ・甲種2類 (泡消火設備・・・
 ・甲種4類 (自動火災報知設備・・・
 ・甲種5類 (避難器具・・・
 ・乙種6類 (消火器・・・
 ・乙種7類 (漏電火災報知設備・・・
 ・消防設備点検資格者1種2種
 ・蓄電池整備資格者
 ・自家用発電設備専門技術者
 ・防火対象物点検資格者

■ 防火対象物点検のセーフティマーク(新適マーク)

セーフティマークのイラスト
 セーフティマーク
防火対象物点検資格者が点検した結果が消防法令に適合している
  建物はセーフティーマークの表示ができます。
 
防火対象物点検は滝沢電気の有資格のパートナー店
  を紹介させいただきます。
 
 滝沢電気の防火対象物点検と消防設備点検は
 サービスを終了させいただきました。
 
 これまでお世話になりましたお客様には
 大変ご迷惑をおかけいたしますが、
 ご理解いただけますようよろしくお願いします。
 

■ 屋内消火栓ポンプの分解修理

屋内消火栓ポンプの修理前の写真
 消火栓ポンプの修理
消火栓ポンプのケーシングの内部はさびがポンプの中全体に広がり、ポンプを運転しても圧力が上がらない場合は、左の写真のようになっている場合があります。

滝沢電気ではポンプ修理は得意です。
新品同様に修理します。ポンプのページを見てください。

■ 自家用非常用発電機の蓄電池 蓄電池設備整備資格者

非常用発電機の蓄電池
  蓄電池の整備
発電機の始動用蓄電池(バッテリー)は左の写真のように極板に異常がみられる蓄電池は、寿命であり経年劣化と考えられます。
また、蓄電池の上部のシール部分が膨れ上がっている場合も同様です。
写真のタイプの蓄電池は5~7年で交換が必要です。
周囲の環境により左右されるので常に点検が必要です。
 

■ 自家用非常用発電機のセルモーターの交換

非常用発電機のセルモーターの交換作業
 非常用発電機の修理
停電の時にすぐに発電機が始動して送電ができるように日頃から点検整備が必要です。
この発電機は始動ができなくなってしまいました。
セルモーターを取り換えている写真です。
 
滝沢電気は自家用発電設備専門技術者の資格があります。

有限会社滝沢電気工事
〒377-1526
群馬県吾妻郡嬬恋村三原631-1

e-mall
office@taki-den.co.jp
最初のoはアルファベットの小文字のオーです。

TEL.0279-97-2081
FAX.0279-97-3620

・電気工事
・電気設備整備修理
・非常用発電機整備と修理
・蓄電池設備の設置と整備
・電気機器機械の修理
・ポンプの販売修理
・シャフトアライメント
     (芯だし 調整)
・部品制作
・溶射設備で肉盛り再生
 耐摩耗処理

TOPへ戻る